読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

wakacchainai craftbeer

pure beer lover/日常とビール

私なりの酒場放浪記、札幌その2

地元の札幌へ遊びに行って来たよ〜の話のつづき。地元の親友を誘い、念願のクラフトビール酒場放浪〜札幌編〜をしてきた。吉田類は不在だよ。(二回目)


日が暮れ、酒場放浪記も本格的にはじまり。たくさん飲み倒して来たので、1軒目からさくさくとご紹介を。

①月と太陽ブルーイング

札幌では珍しいブルーパブ。オープンの17時半に店先で待ち構える私たち。ガラス越しに醸造している部屋が覗ける。水族館の子供ばりに、顔を近づけて「コレデウマレンダッテ!」と興奮。造り手の仕事場だとか(小さなスペースで作るんだなあ、とか)、姿(この人がこの子の生みの親なのね、、とか)、子への想い(親心)を聞けるこの世界には愛しかないんだ。

ロゴの圧倒的可愛さ。クラフトビールの多種多様さは、北海道の食に対するクオリティと、バリエーションの高さと自由さにはまり、その楽しみ方は無限大。明るい未来しか無いよ?(帰りたくなってきた)

自家製3種、ゲスト7種。グラフで味のバランスもわかるから選びやすいね。

feat〜いぶりがっことクリームチーズ〜


森の妖精、、、。

自家製のPIPAPは、最近流行ったあれっぽい名前のIPA✒︎🍍🍎✒︎


POPな名前のこの子はIBU160(※1)のファンキーボーイ。沢山のホップで香りはギャンギャンにフルーティ。まさしく「ギャンギャン」なんだ。しっかりとした苦味もありつつ、フルーティさもお持ちで、なんていうか、美味しい。(笑)

②BEER BAR NORTH ISLAND

次に向かうはノースアイランド直営ビアバー。月と太陽ブルーイングから徒歩数分で到着。二条市場の向かいだから、道外の観光客も見つけやすい場所にある。

美味しいと噂のピルスナー。透明感があって美しい。

そこの見て輝く、、、。
一口飲んでみると、スッと美しい余韻を残しのどごしは消えゆく。まぼろし、、?

香り豊かで飲みごたえもあり、幻となるのどごし。その感動おさまらず、もう1度頼んで飲んだ、、、。クラフトビールを知ってから飲む機会自体は減りつつあったピルスナーでこんなに感動を覚えるとは、、。私はまだまだ知らぬ世界。絶対にまた来ようと!

③シメパフェ(締めません)

ピルスナーの衝撃で変に興奮してしまい、酔いが危うい回り方をしかけたので、流行りのアレ行ってみるかとカフェへ向かう。

ここ数年、「札幌でお酒を飲んだ後に、締めのパフェを食べよう。」という文化が本格的に流行りつつある。札幌の大通り、すすきのを中心に「締めパフェ」を売りにしているカフェが増えている。雪が降り積もる冬でも、室内はとことん暖かいのが北海道。実家では半袖姿でアイスを食べる日常が私にもあった。これはきっと、道民あるある。

くだらないカフェ飯で、腹を満たすことは哀しい。いくら流行っていても、酔っぱらいでも不安はありつつとあるカフェで出会ったシメパフェがこちら。

空間芸術でした、、。

「空洞があるね、、、。」とぽつり。笑って。

(真顔)(本当に美味しかったよ!)(休まってスッキリお口直しできたし!)(シメパフェ楽しいよ!)

参考
月と太陽BREWING
北海道 こだわりの地ビール ノースアイランドビール
札幌シメパフェ