読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

wakacchainai craftbeer

pure beer lover/日常とビール

ララランドが好きならクラフトビールも。

「生活」に楽しみは必要だ。いつか終わる人生なんだし楽しくて悪いことなんてない。最近、ふとしたキッカケではまり込んだクラフトビール。想像を超えた幸せの産物だったから、その衝動と興奮は収まらず、ビールと日常を考えるブログを始めてみた。なぜ。

f:id:namarahyakkoi93:20170308205238j:image 

 

とりあえず、クラフトビールって何だろう?って調べてみた。定義は様々で、なかでも良いなあと思ったのが


“「クラフトビールとは“作品”となりうるビール」である。
私は「クラフトと言うからには、造り手は“クラフトマン=工芸作家”であり、造られたビールは“作品”だ」と思うからだ。”


尽きない面白味はここにあるのか。プロの職人による意思があるものだから、作品として生まれる。そして、


“ビール愛好家は“定義づけ”というラビリンス(迷路)から抜け出すべきなのである。”


という結論に心打たれる。ラビリンスから抜け出す、、クウゥ、、!!!定義にとらわれず自由に、楽しむこと。これをガチガチの評論家が言っているのも面白いし、素敵。楽しくていいんだ。有難う、ラビリンスおじさん。

クラフトビールとは? クラフトビールの定義とは? | 日本ビアジャーナリスト協会
◇ビール評論家で、イラストレーターのビアジャーナリスト協会代表の藤原ヒロユキさんの記事◇

 

クラフトビールの多種多様さに、女子の好きは詰まっている。「沢山あって選べな〜い♡」は女子の幸せだと思う。小学生の頃、イオンのフードコートにあるサーティーワンでアイスを選ぶ時間が幸せだったあの気持ちがいつだって蘇る。

f:id:namarahyakkoi93:20170308113200j:image

 

クラフトビールの個性は
・スタイル 〜造り方、造り手の個性と想い
・国、地方 〜遠い海外から日本の田舎町まで世界中にある

・パッケージ〜ジャケ買いも楽しい

麦芽、ホップ、酵母、水、さらにはフルーツやスパイスなどといった原料を自由に組み合わせることによって色、香り、味わい、アルコール度数などバリエーションが無限大です。

ですから、飲み飽きませんし、どんな料理とも合うビールが見つかります。

  (引用〜①)

 

ざっとこんな感じで、種類が豊富。だから日常のどんな時、場合にも当てはまるビールがあるはず。一緒に暮らして行けるはず。

 

◇「とりあえず」のビール
労働、ラガー、サラリーマン、社会、日本のスタンダード、女子の生ビール好きはおっさんと言われがちな世の中、丸の内OLは大衆居酒屋よりも、イタリアンバルでワイン(私はとりあえずの生もワインも好きだ、孤独のグルメ吉田類の酒場放浪記も大好きだ)

f:id:namarahyakkoi93:20170308113353j:image 

 

クラフトビール
休日ランチタイム、おしゃれなデート、女子会、週末のご褒美、映画のおとも

こう並べると、中身のないインスタ案件ばかり求める実家がお金持ちのサロモしがちな女子大生っぽく捉えられそうで、不安になるけれど(失礼御免)クラフトビールは、大衆酒場にも、実家の夕ご飯にも、お疲れな平日の仕事終わりにも、アウトドアにも、朝食のおはようにも、日曜日のおやすみにも、寄り添ってくれる懐の広さがある。それを見つける事がとっても、楽しい。面白い。

f:id:namarahyakkoi93:20170308205202j:image

 

大人の人生のQOLを高めてくれる幸せが潜んでいる。純粋に楽しみ、面白み、モーニング娘。が好きなようにビールも愛し、これからも共に日常を送るのだ。

https://www.instagram.com/p/BQ18t2wBQjc/

クラフトビールが楽しい!!セゾンのロマランド。きれいだ#二人セゾン#君はセゾン #僕のセゾン #モダンタイムス#セゾンて言いたいだけ

 

引用〜①ビールはゆっくり飲みなさい (日経プレミアシリーズ)