読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

wakacchainai craftbeer

pure beer lover/日常とビール

ハタチの頃と、黒いビール。

ひょんな事から頂いた調布ビアワークスのバニラチョコレートスタウト。飲まず嫌いしていたスタウトに最近はまっている。

「焙煎した大麦の苦味がブラックコーヒーのよう。」なスタウト。大人になろうとしていた思春期の味を思い出す。まだ、コーヒーの味が私に馴染んでいない頃。新鮮で、かっこよくて、好奇心を煽られる。その香りをふんふんと嗅いでいた。


近所の電車通り沿いにある、やんちゃそうなマスターが経営するコーヒーバー。

日曜の昼下がり、知ったばかりのpopeyeと、大して書く事のないスケジュール帳を持って向かう。カウンターなんて小っ恥ずかしいし「1人の時間を贅沢に過ごすんだ〜。」と生意気な20才の私は、店内の隅にある2人用のテーブル席が指定席。
https://www.instagram.com/p/BEbKqaiQhfY/
久しぶりに見返した、POPEYEと20歳の私。(日本語の弱さが垣間見える)これで良いのか?とか、あるべき場所は?本当にしたい事は?とか。た〜くさん考えるけれど、色々とわからないことばかりだ。とりあえず、20歳の私が、登山終わりのビールが最高だと言ってる事だし山に行かねば。

初夏のアイスコーヒー、ワイングラスに細いストロー。少し口に含むだけで、ジワアっと身体に浸透してゆく感覚。新鮮で、かっこよくて、美味しい。濃ゆいコーヒーをちびちびと飲み、夕飯の時間になるまでダラダラと過ごしていた。

大人になるって自由で楽しいんだろうな?ってpopeyeを読みながら夢見ていたほぼ思春期の20才の味わい。


そんな今は、珈琲を飲んで思春期時代を懐かしむことは無く、新鮮味を感じる事もなくなっていた。好きだけど、あの頃みたいに「コーヒーッテカッコエエ!」て気持ちにはなれない。スタバでフラペチーノを飲まず、近所のコーヒーバーで1人物思いにふけていた可愛くない学生時代の思い出。

どうしても、慣れた顔してたしなめないスタウト。ちびちびと一人で時間をかけて味わっている。少し口に含むと、モルトの甘味とカラメル感を感じた瞬間に香ばしい苦味とコーヒーフレーバーがこんにちは。ふぅ、、。まだ「これって美味しいんだよ〜?」なんてわかったふりも出来そうにない。


「大人になろうとしている」あの感覚と、一口飲む度に癖になってゆく味わい。これは、美味しいかも、、?まだ私に馴染んでくれないおとなの味。


▽てことで、ベストオブ儚いを聞いて、、?
山崎あおい『缶コーヒー』 - YouTube


参考
セキュリティチェック

北海道物産展とビール。

北海道物産展で概念としての帰省をしてきた。ここは池袋西武百貨店だけど、雑に言って北海道。北海道としての寿命は1週間。

ラーメンはちぢれ麺だし?出店しているコロッケ専門店を見かけて「あ、狸小路にある観光客向けのあの店じゃん!」って心踊るし?チーズフロマージュが美味しいルタオは思いのほかメジャーではなくて驚くし?



ただいま、、、(概念)



そして、私の中の恒例行事。北海道物産展で必ず出店しているクラフトビールを飲むこと!かんぱい!

今回の出会いは「大沼ビール」

北海道国定秀峰横津山麓の豊かな自然がとけ込んだ、清純で爽やかな天然アルカリイオン水を使用。生きたビール酵母が生み出すコクのある風味と、味わいのある地ビールをお届けします。

大沼は、函館から少し離れた所にある七飯町の湖。平たい箱に、所狭しとしきつめられたみたらし、あんこの大沼だんごも有名。大沼を中心にある大沼国定公園は、サイクリング、ランニング、ボートなどのアウトドアも出来るし函館ついでに旅行で行くのも面白いかも。販売のお姉さんは、都内に出す機会は年に2回の物産展のみだと言う。尊い、、。

ケルシュで乾杯。


お土産ビール。モルトの甘味が美味しいIPA。大沼まで会いに行きたい程に美味しかった。ホップの苦味が素敵にモルトを引き立てている。香りも、モルトの甘さとホップの香りが良い〜酔い。IPAの中でこれが好き!というより唯一無二のこの味わいが好きだな。北海道物産展で良い休日。

参考
大沼ビール

https://www.instagram.com/p/BSS0QyFBF-2/
北海道物産展は「わたし札幌出身なんです〜。」って店員さんに絡みがち。今年も弾丸函館へ行かねば🍺#大沼ビール #ビールクズ#クラフトビール#なまら #ひゃっこい #じょっぴんかる

山とビール

4月になり、桜は満開。つい最近まで寒い寒いと家に引きこもり、外に出ればぬくぬくと着込んでいた気がするのに。春心地で心は緩み、この気候は家に引きこもる理由がまるでない。外に出たい!自然と戯れたい!あわよくば美味しいビールも飲みたい!

野外で飲む、ビールの気持ち良さは世代問わず知られている「快感」である。

大学生(新歓、サークル、花見)
子持ちの主婦(ママ友、公園、ピクニック)
サラリーマンのおじさま(ビアガーデン、仕事の帰り道)とかね。

日は照り、吹き抜ける風は肌に優しく心は穏やか。土曜の今日は「昼から飲もう?」と誰かを誘おうよ。そこに緑があれば、私の幸福度は満たされすぎる。

てな訳で、来てしまったよ。OKUTAMA!JR青梅線古里駅で下車して、登山道に入って行く。山々とした光景。深呼吸。春って「君に会った瞬間 何かを取り戻したように僕らの上空に虹がかかった。世界には愛しかない。信じるのはそれだけだ」だなあ。
欅坂46 『世界には愛しかない』 - YouTube

ずんずん進む


ヤッホーな景色。


進むよ。そろそろ、飲みたいよね?


そろそろ!(飲みながら歩いていません)


てことで、念願のランチタイム〜!!!(女子力おつまみ有難う)とビール。汗を流してありつけるビールはたまらんね?幸せだね?染みるね?世のアイドルや、意識の高い女子大生の中で最近、美容点滴とやらが流行っているようだけど(ドルヲタ私調べ)、点滴なんてせずに山を登って汗を流してビールを飲むデトックスを実践して欲しいわ、、。歳を重ねたら嫌でも点滴する機会は増えるはずだよ?と私は思う。(何の話だっけ)

ビールは、山に馴染む「ALLDAY IPA 」を。1日中飲めるIPAをコンセプトに造られたそう。このビールのスタイルはセッションIPA。名前の通り1日中飲めるようホップの苦味と、香りの強いIPAをアルコール度数を下げ優しくした感じ。それでも、ホップの香りは気持ちよく、飲みごたえのあるビール。その後の下山の事を考えると、山ランチには丁度良いかも。


緑に溶け込むIPA

そして温泉で汗を流し、向かうはビール。この流れ、満点です。奥多摩駅から徒歩1分足らずの所にあるBeer Cafe VERTERE (ビアカフェ バテレ)に行ってきた。

古民家をカフェ仕様にリノベーションした店内はテラス席もあって、開放感がある。


幸せの景色だ。


ここは、ブルーパブなので「ここでしか飲めない」ビールだよ。

中でもcreamが印象的。登山で頑張った身体が欲する糖質をビールという形にしたらこうなったのかもしれない。(違うよ)麦と酵母の甘みはまったりとした喉ごし。じっくり味わいたい。

山は登らず、此処へ来るだけでも「休日を確かに楽しんでやった。」と思えるはず。思いっきりお洒落をして、大切な誰かとじっくり語りたい時にも合うと思う。

土曜の今日は「昼から飲もう?」と誰かを誘おうよ。そこに緑があれば、私の幸福度は満たされすぎる。そうか、ここだね?


参考
VERTERE(バテレ) - Handcrafted beer from Okutama

世界一周団体TABIPPO|世界一周や世界遺産・絶景情報が満載!

感謝
TABIPPO、旅大学の講師並びスタッフの皆様。

背中での写真掲載(勝手にごめんなさい)させて頂いたビール学メンバーの皆様。

https://www.instagram.com/p/BS5_8HoBEVW/
山の記録その2ビール学最後は奥多摩登山とビール。最後なの?泣#ビールクズ#クラフトビール#旅するビール学

女子とヴァイツェンについて。

ヴァイツェンが「女子のもの」だったはなし。(独断と偏見)

▷case1

とあるビアカフェでの出来事。おば様達による女子会が開かれている模様。ビールの説明を店員から受け、キャッキャするおば様達は無邪気。

酵母由来のバナナのような香りが特徴の甘いヴァイツェンです。」という店員の説明に食いつく女子達。

「バナナだって!バナナ!バイセン、バイセンにしようかしら?」と。

おば様世代デイズニー呼びの法則。

大山Gビールのヴァイツェン。女子会すぐ横のカウンターで、私もひとり飲んでいる。このヴァイツェンはフルーティで爽やか。飲み進めやすく、良い塩梅で賢いバランス。これなら違和感なくご飯と一緒に過ごせるね。カレーも美味しかったなあ。

ランチのセットドリンク「バナナのバイセン」を嗜みご満悦の様子のおば様たち。甘いわねえ、と楽しそう。女子会よ永遠にあれ。

ヴァイツェンと女子会は合うみたいだ。

ヴァイツェンとは、小麦麦芽が50%以上の使用を義務付けられたビール。ヴァイツェン酵母がもたらすバナナのようなエステル香と、ナツメグのようなフェノール香を伏せ持つ。

小麦と言えば、パン、パスタ、ピザ。どれも女子会ではご常連のフード達。ヴァイツェンも入れてあげて?雑に言うけど仲間じゃない?(本当に雑だね)

▷case2

ヴァイツェンは気持ち良いビール。バナナのようなアロマに、とろーんとした甘みは心身ともに癒しとなって広がりゆく。モルトの苦味も軽く感じ、この甘みは奥行き深い。ていうか、これもビールなんだもんね?不思議だね?楽しいね?

ヴァイツェンの余韻は気持ち良く、危うい。温泉につかった時の「あ〜きもちい〜。」と似た類。

ヴァイツェンは余韻。この気持ちよさに乗らされ、女子達は会話も弾むだろう。世界一ハッピーな女の子でいれるだろう。あとね、ハーゲンダッツとヘフェヴァイツェンは麻薬的ペアリングなんだ。疲れは取れてゆく、心もほぐれて穏やかに。これは、きっと女子の幸せだよ。

℃-ute 『世界一HAPPYな女の子』 (MV) - YouTube




▷おまけ

専用グラスに注げば見れる、ぷっくり持ちのよい泡は絶景。


ヴァイツェンと女子の相性については、これから探求を続けてゆこうと。(独断と偏見)

参考
ヴァイツェン

ドイツの逸品「プランク・ビール」が飲める店のリストが公開 | 日本ビアジャーナリスト協会

贈るクラフトビール。

難しい、、。社会人になってからのプレゼントと手土産選びって難しいのだ。昔ながらの友人だとか、家族へ贈るプレゼント的な距離感とはまた違う「ほんとは贈りたい気持ちはあるんだよ?」的な場面と距離感が増えてくる。ただ、変にお金をかけても相手へ重荷になるんじゃないか?と臆病になってみたり、コスパを重視しすぎて「いや、私もこれはいらんわ、、。」って客観的になって諦めてみたり。愛はあるのに!想いはあるのに!と余裕のある粋な大人になれそうにない私。

そんな感じでここまで来て「あ、クラフトビールがあるじゃん。」と最近気づいた。これなら私も楽しめそうだ。あと、消費するものって安心して贈ることができるよね。

クラフトビールなら、その季節に因んだもの、パッケージが面白いもの、香り豊かで花束を贈る気持ちで渡せるもの、相手の好きな料理のジャンルに合いそうなもの。それぞれのブルワリーの個性に着目してみたり、ゆかりのある地域で探してみても面白いかも!楽しいね。粋な大人になれそうだわ。(単純なもんで)


てことで、さっそく贈ってみようと!


▼3月生まれのあの子へ贈るこの子達

〜春の訪れを喜ぶハッピービアセット〜

・ロマランド(モダンタイムス)
軽い飲み心地で華やかな香りのセゾン。デザインの爽やかなスタイリッシュさも含めて、春心地の気持ち良いそよ風に吹かれて飲みたい気持ちにさせるビール。

・はなきんさくら(伊勢角屋麦酒)
クラフトビアベイビー(浦和のビアバー)で飲み損ねたはなきんさくら。さくらの花の酵母を使った正真正銘さくらっ子のビールだよ。さくら満開のこの時期に、華の金曜日を一緒に過ごしてほしいな、、?


贈り物なのでラッピングもしてみようと準備したのがこちら。

でん!

はなきんさくらは桜っぽいものを散らばせてみたよ。

紙袋の色が可愛いから少し重いのも許してネ?

贈る喜びを知ってゆけば、大人になれるような気がするね。


参考
はなきんさくら|伊勢の地ビール クラフトビール販売 伊勢角屋麦酒

東京で1500種類のクラフトビールが買える&飲める!〜びあマBASE 千住大橋〜 – BEER TREK

カフェとビール、締めのコーヒーについて。

南浦和駅から徒歩5分。PRIMORDIAL (プリモディアル)cafe&craft beer に行ってきたよ〜の話。

女子は「ロゴが可愛いね。」ってとりあえず、ひと盛り上がり出来そうなグラス。カフェ仕様の店内は、狭すぎず、広すぎず居心地が良い。テーブル席もあって、女子会にも使えるよ。

敢えて「カフェ仕様」なんて、ふわっとした言い回しを使うけれど、この店の内容量と密度の濃さは完全に愛のこもったヲタクである。


店内のお洒落な雰囲気、写真映えする外見でボリューム感の嬉しいフード、ドリンクのバリエーション、デザートのパンケーキ、サービスのポップコーン、食後のスペシャリティコーヒー。どれを取っても本格的で飽きず、クラフトビールを知らなくとも構えずに、誰でも楽しめる環境が整っている。

客層は、やたらと赤ワインを頼むマダムの2人組、地元の主婦のおばさまによる女子会、女子大生もサラリーマンも来るだろうな。クラフトビールを知らぬライト層も自然と歩み寄る守備範囲の広さがあるみたいだ。


まるで趣味を強要せず、取っつきにくさのない優秀なヲタクのよう。理想像。(ヲタクはつい、その熱量を他人に強要してしまい周りは引いてしまいがち。ヲタク失敗あるある。私。)


ライト層がふと、ヲタクの鱗片に触れ恋に落ちてくれようならばこれは「理想の口説き方」に違いない。ヲタクには分かるこの難しさ。「はいはい、ディープな世界なんですね。」と線を引かれてしまえば愛を伝えたくてもヲタクの中の世界で終わってしまう。このカフェ風味に紛れたディープなクラフトビール達は、そのタイミングを伺っている。

そして、この店に置いてある6タップのクラフトビールはまるでライトな揃えでは無い。店主いわく「通な客でも知らないブルワリー、限定ものを責めてゆく。」と、こだわりも強い。他では飲めないクラフトビールを求め、尋ねて来るディープな客層も多いそう。分かるひとにはかなり面白いラインナップだという。客(ヲタク)から聞いたオススメのブルワリーも積極的に取り入れてゆくみたい。

そこで出会ったビールがこちら。

風上麦酒製造の「崇高な侵略者」

ブルワリーの由来は「ビールの風はここから吹いていくる」と信念のある風上麦酒。

田上さんという方が、1人で運営している。元々、予備校の物理担当の教師として働いていた彼が、十条すいけんブルワリーで手伝いをするようになった。また、独学で調べ上げ2016年頃から本格的に開始。個性的でハーブや、スパイスの香りが豊かで、賛否両論分かれる面白味のあるビールとして名を挙げているそう。

このビールのスタイルは、ベルジャンIPA

華やかな甘みとハーブを感じる香り。口に含むと、瞬に感じるフルーティな甘み、直後にホップの確かな苦味に襲われるが後味はスッキリとして華やぐ。飲みごたえがあり満足度も高い。一杯目に注文しようとしたら、いきなりは強すぎるからと止められた。(笑)この店で、面白いビールと出会うのが楽しみだなあ、、、。一期一会、、、。


プリモディアルには嬉しい「締め方」がある。

バリスタでシェフの店主、故に美味しいコーヒーも飲める。都内にあるグリッチコーヒーと深い親交があるらしく自慢のスペシャリティコーヒーを締めとして嗜める有り難さ。

テイクアウトで、嬉しい帰り道。美味しいビールを楽しみ、最後にはコーヒーでほっと一息なんて贅沢があるなら社会人も頑張れそう

おやすみ。


参考
PRIMORDIAL cafe&craft beer (プリモディアル) [南浦和] - 癒やされる空間! | クラフトビール東京 (Craft Beer Tokyo)
GLITCH COFFEE&ROASTERS - グリッチコーヒー&ロースターズ
About | Japan Beer Times

私なりの酒場放浪記、札幌その3

地元の札幌へ遊びに行って来たよ〜の話もおわり。地元の親友を誘い、念願のクラフトビール酒場放浪〜札幌編〜をしてきたよ。日も暮れ、アルコールで出来上がり、語る資格のない酔っ払い放浪記となってゆく。

私なりの酒場放浪記、札幌その2 - namara_beerdiary
初めてのシメパフェ(締めない)を後にし、身も心もスッキリ。まだまだ夜は長いぜ〜!と仕切り直したつもりだった。この頃から、写真がなんだか荒い仕上がりが多いのは酔っていたのかなんなのか。(酔っ払っていました)
この時間帯の狸小路が好きでしょうがない。私の中のフォトジェニックスポット。


では、ラストスパート。


③kalahana(カラハナ)

そんな大好き狸小路7丁目にあるお店、カラハナ。国内外のビールが樽で用意されて楽しめる。手前のカウンターには仕事終わりの一杯を嗜むサラリーマンもちらほらと。



この日のラインナップ。店員さんが丁寧にビールの説明をしてくれたよ。私は、ヴェデットのホワイトビールと、ミッケラーのステイトサイドIPAを頼んだけども。ここから先飲んだビールも、間違いなく美味しかった記憶はたしかにある。でも、そりゃまあ酔っ払っていたから記憶が乱雑、、、いやでも楽しかったから、、、。美味しかったから、、、。荒い写真が残っているから、、、。


クマが可愛い。

白ビールは女子が好きな味。


仕事終わりに、ふらりと立ち寄りたい。


モルトヘッズ

そして、最後はここに、と決めていたお店へ。この店が入っているビル、学生時代に足繁く通っていた古着屋さんのほぼお隣にあるもんで、懐かしんだ。

モルトで頭がいっぱいな人のための酒場。はい、素敵。場所は狸小路の端っこから少しだけ外れた、西8丁目。ここまで全部、徒歩で行けるんだ。特にここは、地元のど真ん中にある。誇りでしかない、、、涙

ビールと、モルトウイスキーの専門店。日本ビール検定1級を持つ大先生が店主をされている。その、コンセプトとこだわりは確かでボトルを中心とした、道内はもちろん、ビールの世界の概要がわかるラインナップが揃っているそう。通いたい。あと、ここのお店には、札幌にしか出来ないポイントがある。それは、姉妹都市ミュンヘンポートランドのビールを重点的に取り揃えていること。通いたい。

札幌には、ミュンヘン大橋って名前の橋があるし、毎年冬になると大通り公園でミュンヘンクリスマス市ってイベントが開かれている。そういや、ホットビールを飲んだなあ、、。

ビールを知りたい!興味がある!好き!っていう人にはたまらぬ世界。「札幌を日本のビールの首都に」がこの店のスローガン。札幌への愛は募るばかり。あと、Sapporo Craft Beer Forestの実行委員をされている。大先生、、。また行こう。酔っ払っていたから、店主の方とお話も出来なかったな、、。(後日、店に忘れて来た土産袋に気づき問い合わせる事となる)(妹に取りに行ってもらう)(哀しみ)

プランク醸造所のヘーフェ ヴァイツェン。語る資格のない酔っ払い。楽しかったよ。通いたい、また訪れたい場所しかなかった酒場放浪記。いずれ、札幌で暮らす日が来たらホームとなるであろう、、、、。札幌ビール界隈は美味しく、熱く、1日じゃ全く足りない程に深い世界だったよ。

終盤、雑になったけれど酒場放浪記もお〜わり!また行こうと!
https://www.instagram.com/p/BRxSYDCh4he/
サッポロ〜🍺

参考
Maltheads 《モルトヘッズ》
カラハナ 札幌・狸小路 | 札幌のクラフトビールとシードルの専門店
クラフトビールを楽しむ札幌観光。 サッポロクラフトビアフォレスト実行委員 坂巻紀久雄さん